東京都中央区/銀座周辺 有楽町線新富町/日比谷線築地駅近 トレガーアプローチ、アロママッサージ、フェイシャル、マタニティ

アロマルームM
 HOME > コラム >3  

  <<2 | 3 | 4>>

忘年会の季節

12月といえば忘年会の季節です。
職場でも、チームや部署の忘年会、会社全体の忘年会、お客様との忘年会。
お友達との忘年会もありますよね。

また、忘年会が終わり、1月になると新年会も続きます。

お酒を飲んだり、美味しいもの食べたりと、外食が増えるのではないでしょうか。
ついつい飲みすぎてしまったり、食べすぎてしまったり・・・
胃腸も疲れますよね。


お店でも、最後に温かいお茶など頂くことも多いかもしれませんが、ご自宅に帰ってからも温かい飲み物をお召し上がり頂くと、次の日もすっきりしやすいと思います。

分かってはいても、飲みすぎてしまうと、ついついゆったりお茶を飲むなんて時間を過ごさないことも多いのではないでしょうか。


寒い時期、温かい飲み物は、体も温めますし、ハーブティーなどは、夜寝る前に飲んでもカフェインレスでお勧めです。
ハーブには、胃腸を整えてくれるものも多いですよ。
レモングラスや、ミントも良いですし、胃腸用のブレンドティーを置いている店舗もありますので、是非、お試しください。


ゆっくりお休みになり、次の日の朝は、胃腸にやさしい食事と温かい飲み物で水分補給してください。
日本茶など、少しカフェインの入ったものを摂って、シャキッとして出勤するのも良いかもしれません。


アロマの香りは、ほろ酔いくらいで気分の良いときは、心も体もゆったりと落ち着けてくれると思いますが、ほんとに酔っ払ってしまったときは、止めておきましょうね。
いつもと違う状態ですと、嗅いだ香りで急に気分が優れなくなることもあります。

何事も、ほどほどが良いですね。

ボディクレイ「ねんどの入浴剤」

今年は10月〜11月初旬まで、暖かい日が続きましたね。

でもやっぱり、寒い季節はやってきました。
少しずつ、冷えてきましたね。
空気の乾燥も、加速してきました。


これからの季節、お風呂で温まって、しっとりとしましょう。
アロマルームMでは、2種類の入浴剤のお取り扱いをしています。


★日本の森から生まれたアロマの入浴剤、yuicaの「森の7days bath」

★ねんど(クレイ)からできた入浴剤、ボディクレイの「ねんどの入浴剤」


どちらもお勧めなんですが、今回は、ボディクレイの「ねんどの入浴剤」のご紹介をさせて頂きますね。
yuicaの「7days bath」は、また改めてご紹介させて頂きますね。



温まる上に、お肌もツルツル♪
お湯に少し溶けにくいという性質をしていますが、お体に塗って湯船に入ると、よりすべすべ感を味わって頂けます。

赤ちゃんの沐浴にも最適です。
お肌に塗って、そのまま入浴。
低刺激でやさしく、汚れを取る力があるので、赤ちゃんのお肌の汚れを取るのは、これで充分なんです。


香りを楽しみたい方は、精油(エッセンシャルオイル)を4〜5滴、ねんどの入浴剤に混ぜれば、アロマ入浴剤のできあがりです。
(小さいお子さんのいるご家庭では、精油なしでお使いください)

もちろん、残り湯はお洗濯にも使えます。
それから、ねんどの吸着力で浴槽がツルツルで、お掃除も楽になります。


やさしくって、温まって、お肌もツルツル、お掃除も楽!
一石二鳥、いや、何鳥になるんでしょうね。
お客様にもご好評いただいております。


サロンでお取り扱いしておりますので、お試しになりたいお客様は、ご連絡ください。
基本的には、サロンで使用しているものは、販売可能となっておりますので、ここでも少しずつご紹介できたらと思います。


また、サロンでは、ヒマラヤソルト、ねんどの入浴剤に、精油(エッセンシャルオイル)を入れて、オリジナルのアロマの香りの入浴剤を作るミニワークショップも行っています。

サロンでご来店時のみ行っているワークショップですので、詳しくはご予約時にお問い合わせください。

ご協力、ありがとうございます

アロマルームMでは、2011年3月末から2011年9月末までの、施術料金の一部を寄付金として募らせて頂きました。
みなさま、ご協力ありがとうございます。


東日本大震災のチャリティーメニューをお受けになったお客様の他に、通常メニューの施術料から、5〜10%を寄付金に充てさせて頂きました。
(4月にご来店頂いたお客様分は、少し多めに寄付金に充てさせて頂きました)
また、ポイント分をご寄付して下さったお客様方、ご協力心より感謝申し上げます。


合計、46,500円をセラピストのボランティア活動を支援する団体、 「元気をおくるアロマ隊実行委員会」に寄付させて頂きました。




大きな災害になればなるほど、長期的な支援が必要になります。
目に見える被害も大きいですが、目に見えない心のキズも大きく、そして長期的に続きます。
様々な経験をされた方々に、アロマ(香り)が助けになれば良いと思っています。


寄付金の積み立ては、これで一区切りしましたが、これからも自分にできる活動を続けて行くつもりです。

無理なく長く続けていくために、小額でも少しずつ積み立てていこうと思っています。
小さなサロンの小さな力も、積み重なれば大きな力になります。

東日本大震災の支援に限らず、積み立てた分を社会に還元していきたいです。
みなさま、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

オフィスで簡単!腕ほぐし

先月は「腕、洗ってみませんか?」でしたが、今月は、腕をほぐしてみましょう。

セラピスト同士の技術交流会で、腕の手技を披露しあったことがあります。


以前から、手や腕をほぐすと肩もすっきりするとは認識していたものの、結果は予想以上でした!
普段、体全体や上半身の施術を受けることはあっても、腕だけをマッサージしてもらう機会ってあまりないですからね。
腕が軽くなったのはもちろんのこと、肩を含む上半身全体が軽くなった気がしました。


オフィスで座っていても、腕は比較的セルフマッサージしやすい場所ではないかと思います。
まず、肩から肘仕掛けて揉みほぐします。

次は、ゆったりひじ下を揉み解します。肘から手首までは、パソコン作業が多い方は、パンパンに張ってしまっていることがあります。
深呼吸して、リフレッシュしながらマッサージしてみてくださいね。
骨から剥がすように、こねこねと揉むと気持ちが良いですよ。


もしできるようでしたら、胸の横、肩の付け根、脇あたりもほぐして頂けると、よりスッキリするのではないかと思います。

最後に、腕を伸ばして深呼吸すれば、お仕事の効率も上がるのではないでしょうか。

腕、洗ってみませんか?

暑い夏、暑さとどう付き合っていくかも大切ですね。

サロンでは、施術前に手を洗います。
施術では腕の部分まで、お客様のお体に触れるので、腕のかなり上の方まで洗っています。

腕まで洗うと、気持ち良いんですよ。
涼をとるために、腕洗ったりしています。
自宅では、腕を洗った後、涼しい気分になれるアロマスプレーを作って、腕にかけたりもしています。
かなり清涼感、感じていただけると思います。


スプレーを作られるときは、ペパーミントや、スペアミントを入れていただけると、香りだけでなく、お肌に付けたときの感覚もスーっと涼しさを感じていただけるのではないかと思います。
ブレンドされるのであれば、ユーカリ、ティートリーなどの軽いスッとする香りと、レモン、グレープフルーツなどの柑橘系の香りがお勧めです。


オフィスでお手洗いに立ったときなど、手を洗うついでに、腕まで洗って、シュッシュッツとひと吹きしていただけると、気分もリフレッシュされるのではないでしょうか。

手も涼しく、香りでリフレッシュして、楽しくお仕事しましょ♪

遮光ビン

板橋区で数年前に「自治体環境グランプリ」という賞を受賞した、プロジェクトがあります。

板橋区と何社ものメーカーが協力して、ワインなどのびんでブロックを作り、地面に敷いたそうです。

びんのリサイクル率を、回収率が大幅に上回ってしまってい、何かに使えないかというとこで始まったそうです。
特にワインのびんは、色が付いているものが多いので、再利用が難しく、回収したものの殆どが、埋め立てられてしまっていたようです。

何だか切ないですね。


ワインのびんでできたブロック、凄いんです!
通常の石を使ったブロックに比べて、雨水の透水性が高いのだそうです。
また、地面の温度もアスファルトに比べて10度以上低くなるそうです。
そして、キラキラと輝き、とてもキレイと好評だそうですよ。


残念なことに現在では、普通のブロックを使うのに比べ、倍近いコストが掛かってしまうようです。

もっと普及して、より多く活用されるて、コストも下がると良いですね。
すっかり暑くなってしまった都会の夏を、少しでも涼しくしていきたいですね。
リサイクルも進み、涼もとれるなんて、優しいブロックです♪


色の付いているワインのボトルは、光からの劣化を防ぐためのものです。
日の光だけではなく、照明の光もワインを劣化させてしまいます。

遮光ビン、エッセンシャルオイル(精油)も同じですね。
この遮光ビンたちが精油を光から守ってくれます。


エッセンシャルオイル(精油)とワインは、似ているところがあります。
直射日光を避けること、それから保存温度です。

ワインの保存温度は、14℃前後。
その温度で一定に保った方が良いとされています。


エッセンシャルオイルも一定温度を保った方が良いとされています。
5〜10℃という説もありますが、アロマルームMでは、一年を通して14℃〜17℃位の保存を心がけております。


トリートメント中は、室温も比較的高いです。室温との温度差が激しいと、劣化が早まる可能性もあるので、夏冬問わず安定して保存したいので、あえて選んだ温度設定です。


エッセンシャルオイルもワインも生ものです。
光と熱を避けて上手に保存して楽しみましょうね。

夏時間の過し方

梅雨の時期は、ジメジメした日々が続きますが、あっという間に夏が来ます。
あつ〜い夏対策、何か考えていらっしゃいますか?



 夏 → 暑い → 暑い → 涼しくなりたい
    → クーラー → 消費電力UP → NG → 節電

なんて図式を思い浮かべてしまいます。



職場でも、エアコンの設定温度を抑えたり、必要最低限の電気にしたりと工夫をされているのではないでしょうか。
節電中ですと、普段より汗の量も増えますので、こまめに水分補給しましょうね。
また、汗でお体を冷やしてしまうこともありますので、気をつけてくださいね。

とはいえ、夏にほど良い汗をかくのは良いことです。
毛穴を開いて、老廃物を出して、冬に冷えにくい体作りができると良いですね。


更に今年は、イレギュラーな対応が予定されている職場もあるのではないでしょうか。
 ・サマータイムを導入
 ・土日や祝日が出勤になり、平日が休み
 ・夏季休暇の延長
 ・職場での一斉休暇
 ・有給休暇消化促進
           ・・・ などなど


イレギュラーな対応をされている方々、お疲れ様ですm(__)m
いつもと違う慣れない生活ですね。
でも『期間限定で楽しもう!』と思うと少し待ち遠しく思えませんか?


普段、働いている時間帯を自分の時間にできます。
今までできなかったこと、沢山やってみましょうね。

空いている時間にサロンにお越し頂ければ嬉しいです。
いつもお仕事帰りにいらっしゃるお客様も、早めのお時間に起こし頂くと違う気分が味わえるかも知れませんね。

夕方、施術後に聖路加の川沿いあたりを散歩されてから、お帰りになってもかなりリフレッシュになるのではないでしょうか。
川からの風がとても心地良いですよ。


サロン以外でも、ちょと早めに家に帰れれば、自炊の時間もあるかも知れませんね。
外食される方は、〇時までは、xxサービス、xx無料や、お会計の割引などの特典もあります。
また、水曜はレディースデーのお得なサービスがあるお店も多いので、活用してみるのも良いですね。

自分なりの夏時間を見つけて、快適で、楽しい夏を過しましょう♪

アロマセラピストのボランティア活動

世の中、ボランティア活動は沢山あります。

アロマセラピストのボランティア活動に焦点を当てた場合、主に病院、老人ホームでの活動が多いような気がします。
アロマは、体だけではなく、少し弱ってしまったココロにもやさしく作用します。


3月に起きた震災の後も、被災者の方々へのボランティア活動をされていたセラピストさんたちは沢山います。
そこで、そんなアロマセラピストの活動団体「元気をおくるアロマ隊実行委員会」が正式に発足されました。


アロマルームMも何かできないかと、売上の一部を「元気をおくるアロマ隊実行委員会」に寄付させて頂くことにしました。
他にも、セラピストとしてできる活動があれば、できる範囲で参加していくつもりです。


被災された方々には、長い目でみた心のケアも必要です。
ご家族、ご親族をなくされた方の抱えるもの。
衣食住の問題など、先行きの見えない不安。

実際に、被災地にいらっしゃった方々のお話をお伺いすると、目に見えている問題だけではなく、心の中にある問題も沢山あるのだと感じました。
体と心の重みを、アロマの香りとトリートメントを通じて、少しでも軽くして頂けたらと思います。


「元気をおくるアロマ隊実行委員会」の詳細については、こちらをご覧下さい。
この場をお借りして、皆様のご協力をお願い致します。

春眠暁を覚えず…

春眠暁を覚えず 処処啼鳥を聞く
夜来風雨の声 花落つること知りぬ多少ぞ


孟浩然の『春眠』という漢詩です。
「春眠暁を覚えず」が、引用される事が多いですね。


春の寝心地の良さに夜明けになったのも気付かずうとうとしてしていると、そこ、ここから鳥の囀りが聞こえてくる。
夕べは風の音が激しく聞こえていた、あの嵐で花がだいぶ落ちたようだ。

という意味だそうです。


今まで、春は眠いという詩だと思っていましたが、春の情景も表現したものだったんですね。
とはいえ春は、寝心地も良いし、眠くなりますよね(^_^)


三寒四温といいますが、寒さと暖かさを繰り返して暖かくなるので、気温の変化も大きい季節です。
朝晩でも、気温は随分違いますよね。
お体も疲れやすくなります。

なるべく質の良い睡眠を心がけましょう。
お休みになる1時間位前から、明かりを少し暗めにすると良いと言われています。
でも、そんなの無理!という方。

15分でも10分でも、静かな時間を過されることをお勧めします。
少しでもいいんです(^^♪
キャンドル点けてみてもいいし、豆電球でも。真っ暗でもいいんです♪

お部屋の明かりをおとして、ココロもトーンダウンしてみましょう。
ゆっく〜りと、深〜い呼吸をしてみましょう。

カーテンは少し開けて寝ましょうね。
次の朝は、すっきり起きて朝の光を沢山浴びられます。


朝日を浴びることで、体内時計もリセットされてます。
夜は暗く、朝は明るくして過すと、メラトニンという催眠に関係のあるホルモンが上手に働いてくれます。
気持ちの良い朝は、良い一日の始まりです。
生活リズム、整えましょうね。

東北関東大震災

2011年3月、「東北関東大震災」が起きました。

お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
被災者の皆様、ご親族様、一日も早い復興をお祈り申し上げます。


少しでも出来ること、お役に立つことを考えて、行動していくつもりです。
他にも過去に、大きな災害は沢山ありましたが、日本に暮らす私たちにとって心に大きく刻まれた災害のひとつではないかと思います。
このコラムを書いている現在、まだ多くの被害の爪痕は多く残っています。

不安な気持ちは、誰しも心の中に持っているものです。
買占め、買いだめ、使いすぎは止めて、なるべく普段と同じ生活を送りましょう。

街の明かりも消えてきて、通勤電車の暖房も切れ、会社内も寒かったり、節電で暗かったりします。
電車が止まってしまい、帰れなくなるのではないかという心配もあります。

でもそんな中で、多少不便とあっても、普段の生活を送れることは幸せなことです。
「職場に行き、働くこと。」それも出来ることのひとつです。
動ける私たちが、経済を回していくこと。


できることは意外とあるものです。

間接的でも、節電すれば、被災地に通せる電気の量も増えるかも知れません。
必要以上に物を買わなければ、残っている物は、被災地に届くかも知れません。
毎日、働き続けることで、得たお金を寄付することができるかも知れません。


ひとりひとりの行動が連鎖して、大きな何かになると信じています。
できることからはじめましょう。

部屋の温度

外が寒いときは、ご来店頂けるお客様から、お部屋に入ってすぐ「あったか〜い」といって頂くことが多いです。
外、寒いですものね。


プレオープン時、2回の冬を過しましたが、その頃はとても寒かったのです。
サロンを稼動している日が少なかった為、人がいて部屋が暖まっている時間より、人がいなくて部屋が冷え切っている時間の方が長かったです。

部屋が中々暖まらなかったので、ご予約頂いた日には、1時間半くらい前から30℃の強風で暖房をかけていました。
外気との隙間を埋めたりなどの工夫も沢山しました。


まだまだひっそりと営業させて頂いているサロンですが、公式にオープンして2度目の冬となる今年は、部屋が暖まるのが早いです。

サロンの稼動が少し上がったからでしょうか、換気をして、外の風を入れてからでも、27℃の弱風で40分ほどで暖まります。
生活していない部屋は、寒いといいますが、その通りですね。


サロンでは、施術中に素肌を出して頂くので、お部屋は暖かくしております。
暖房、ヒーター、加湿器でポカポカ。
施術で、血行が良くなると、更にお体ポカポカです♪


お家でもある程度の温度にしていらっしゃることかと思いますが、是非、加湿はしてくださいね。
暖房をつけると乾燥しやすいので、サロンでは、暖房を入れる30分位前に、まず加湿器を付けて、ある程度湿度を上げてから暖房を入れています。
湿度を上げると、体感温度も上がりますし、風邪などの予防にもなりますし、お肌にもいいですからね。

加湿して、健康と美肌を維持しましょう。

1月の香り

1月といって思い浮かぶのは、やはり『お正月』。
お正月の香りついて、考えてみました。

お正月で思い浮かぶものは、おせち料理、お餅、お雑煮など、食べ物が多いです・・・。
食べ物って色々な香りしますよね。
香りを嗅ぐだけで、食欲もそそられることもあります。

おせち料理などの、お正月の食べ物は、年末に作り保存がきくものが主になります。


1つ1つは、それぞれの香りがしまが、おせちを作っているときは、香りがしても、食卓に並んでいる時は「香りたつ」というほどではありません。
お肉を焼いたり、魚を焼いたり、煮込みをしたりなどの作る過程の香りは、お正月のキッチンからはあまりイメージできませんでした。
おせちの香りは、もしかしたら年末の香りなのかもしれませんね(^-^)


お正月を除いて、1月の香りを考えてみましたが、やはり浮かびませんでした。
2月になると梅が咲いてきたり、そしてもう少し経ち、春になるとお花の香りもしてきます。
1月は、「空気」の澄んだ香りというか、朝などは、ピンと張り詰めて凛とした空気を感じます。
そんな空気感が1月のイメージでしょうか?

お正月の香り、1月の香り、思い浮かぶものがあれば、サロンご来店時に是非、教えて下さいね。